梅仕事

練り梅のご紹介をしてなんですが、この時期、日本に遅れて梅仕事もします。

 

梅・・・・・無いんですけどね。

梅の無いベルギーでも梅の代用食材を利用して

ベルギーですと春~初夏にかけて梅の仲間であるバラ科の杏がマルシェに出てきます。

この杏が出始めると1~2kgずつ購入しちゃ塩漬けを繰り返します。

たっぷりの水で数時間浸け、洗ってへたを丁寧に爪楊枝なんかで掃除してあげて、水を切ります。清潔な布で丁寧に拭いてあげてください。

容器にウォッカをふりかけ殺菌し、杏の総量の8%~18%(減塩~高塩分)の分量の塩で漬け込んでいきます。我が家は12%。

上から重さを分散して圧力をかけられる物、こちらは二重のビニール袋に水を入れたものを重しにしています。

 

白梅酢を上げる。半日~2日(遅くとも)で徐々に上がってきます。

毎年大事に育てている赤紫蘇を塩揉みし、白梅酢に漬け赤梅酢に!

日本の漬け方に倣うと赤紫蘇の成長や気温、太陽光がうまくいかないので、その国、地域に合わせればいいと思います。

梅干しだけでなく、桜大根や柴漬け、紅生姜なんかも仕込むことができます!香りのよい手作り赤梅酢で仕込んだ漬物や紅生姜は格別です!

市販の商品に帰れないの覚悟で作ってください(笑)

梅酢の上がりを待ち、10日も経てばひたひたに上がります。

天気の状態も見計らい、2日等間隔で天日に干していきます。梅酢も干せる状態でしたら干すと濃縮し保存性が高まるそうですが、私は特にそれはせず、赤紫蘇の追加塩分追加等で保存性を高めています。

殺菌と塩分濃度がしっかりしていれば保存性は問題ありません。

天日干しはせず、漬けの状態で保存することも可能です。半分はこの方法で保存し、しっとりの梅で頂いています。

白梅酢の時には杏の甘い香りを感じていたのも、赤紫蘇の香りですっかり梅干しらしくなりますよ!

体調のすぐれないとき、気付け薬的な感じで、梅干しをひとつ口に入れると、クエン酸の酸味でシャキッとしますね!日本人のソウルフード梅干し!

なかなか手に入らない地域でも、杏なら・・・試しに作ってみようかな?なんて気になって頂ければ嬉しいです。

もう少ししたら、青プラムの時期です。皮は杏に比べると厚めですが、梅酢の質が良いので、紅生姜の為にまた仕込んでいきます!

そちらもまたご紹介致しましょう!ではでは・・・

広告

投稿者: kaigaiwasyoku

ベルギーワロン地方で日本の伝統的な発酵・加工・保存食品や、現地食材を使った和食を作り紹介しています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中