ザワークラウトで餃子

『ザワークラウト』キャベツの植物性乳酸菌による発酵食品で、ドイツ料理の付け合わせには欠かせない料理です! 名前の通り酸っぱいキャベツですが、酢は一切使っておらず、植物性乳酸菌による乳酸の酸味です。

英語ではサワークラウト、仏語ではシュークルート、蘭語ではズールコールと呼ばれているんですね!ドイツだけでなく欧州やドイツ移民の多い様々な国で食されているのが分かりますね!

私の住むベルギーもお隣ドイツの影響を受けてか?この時期は特によく食べる機会が増えます。

日本でも随分目にする機会が増えているのではないでしょうか?

こんな感じの缶詰や瓶詰、袋詰めなんかも気軽に買えますが、基本の材料は『キャベツと塩』それにハーブやスパイスで香り風味付けすることもありますが、国によって漬け方も様々です。

もちろん少量で売ってる場合もあるのですが・・・

だいたい大容量💦

IMG_5995

なので、余るんですよね・・・。

この時期シュークルートをよく食べる→余る→どうすんのコレ?

この時期シュークルートをよく食べる→余る→どうすんのコレ??

この時期シュークルートをよく食べる→余る→どうすんのコレ???

をこちらに来た始めの頃繰り返し、何となく無駄にしないように消費していた日々を過ごしていたある日・・・。

これ、キャベツの千切りの漬物なんだよね?汁をしっかり切って、さらにみじん切りにして餃子に出来るんじゃ?って何というか・・・料理の因数分解?

ザワークラウトというもう完成されていて、白ワイン等足すことはあっても引くことはない食材を別の料理に作り変えるという暴挙(笑)

IMG_6001 (1)

IMG_6008

我が家は基本白菜派なのですが、キャベツでも美味しいですよね!

漬物になっているので、やはり歯ごたえが蒸した物よりしっかりあります!絞り方によっては、酸味も残りますが、その辺りはタレで調整されてください!

 

バレないっす()

 

余ったザワークラウトで餃子!是非お試しください!!!!!

 

 

広告

投稿者: kaigaiwasyoku

ベルギーワロン地方で日本の伝統的な発酵・加工・保存食品や、現地食材を使った和食を作り紹介しています!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中