紫蘇巻き

皆さん『紫蘇巻き』ってご存知でしょうか?

東北地方の郷土料理で、地域によって差はありますが、有名なレシピですと味噌ベースの餡を紫蘇の葉で巻き、さっと素揚げしたものになります!

数年前に一度食べたきりなんですが、また食べたいなぁと度々思い出しておりました。

仙台からの客人がブリュッセルにいらっしゃった際にお土産で頂いたのですが、日本で食べたことがないのに、紫蘇巻きを初めてベルギーで食べたって凄くないですか(笑)

まぁ実家に帰っても関東では目にする機会もなく…

我が家にあるのは生い茂った紫蘇ばかり…あれ?この使いきれない紫蘇と大量にある味噌…これで作れないものかと検索してみると、米粉か餅粉、小麦粉でも可、酒、砂糖、胡麻、胡桃…

なんだ💦作れるじゃん💦というわけで!

丁度絞った味醂粕もあったので入れてみました!酒と餅米と米と砂糖の代わりになります!

まずは大きめの紫蘇を摘んで…

中に入れる味噌餡を作り、粗熱を取りラップに広げ、包丁の裏でラップの上から切り分けておきます。

クルクル

プスッ

プスプスッと

手前のは、火を通しすぎました💦

右奥のが丁度いい火の入り具合!

味噌餡が美味しくて✨美味しくて✨やられました✨

東北民に一度味見して頂きたい!

パリパリシャリシャリたまらんです!

《味噌餡の分量》

味噌…150g

砂糖…100g~150g

餅粉…150g

油…大匙6

酒…200cc

胡桃…少々

胡麻…少々

※お好みで唐辛子を入れて辛くしたり甘めしょっぱめを調整してください!

酒と味噌、砂糖、油に火を入れて煮立たせ、一度温度を下げてから胡麻と刻んだ胡桃を入れもち粉をダマにならないように混ぜていき、しっかり練り込み火を通します。

粗熱を取りラップに敷いたり、ポリ袋に入れて均し、包丁の裏やヘラ等で紫蘇に巻く1つ分ずつに切り分けます。

洗ってしっかり水切りをした紫蘇の裏に味噌餡を置きクルクルと巻き込み楊枝で2つから3つ串刺しにし、160℃の油で数秒ずつ裏表を返し揚げていきます。

手前のみたいに揚げすぎると色が悪くなってしまいます💦

🍚ご飯と食べると止まりません⚠ご注意を!

広告

投稿者: kaigaiwasyoku

ベルギーワロン地方で日本の伝統的な発酵・加工・保存食品や、現地食材を使った和食を作り紹介しています!

“紫蘇巻き” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中